DVDの購入はdvdbankで。全品送料無料!

検索

カート 0

TVドラマ 福家警部補の挨拶 DVD-BOX

在庫状況: 在庫あり

価格: ¥14,751

Special Price ¥8,700

日本ドラマ 福家警部補の挨拶 DVD-BOX

出演: 檀れい, 稲垣吾郎, 柄本時生, 中本賢
原作: 大倉崇裕
脚本: 福原充則
音声/字幕: 日本語音声
ディスク枚数: 6枚組 (1-11最終話)
形式: Color, Dolby, Widescreen
リージョンコード: リージョン2
画面サイズ: 1.78:1

詳細

出演: 檀れい, 稲垣吾郎, 柄本時生, 中本賢
原作: 大倉崇裕
脚本: 福原充則
音声/字幕: 日本語音声
ディスク枚数: 6枚組 (1-11最終話)
内容紹介

フジテレビ版(2014年)

『福家警部補の挨拶』のタイトルでテレビドラマ化。2014年1月14日から3月25日まで毎週火曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「火曜9時」枠で放送された。

主演は檀れい。また上司の石松警部役にはSMAPの稲垣吾郎がキャスティングされた。

冒頭ではプロローグとして、本編の展開になぞらえた実在の歴史上の事件や出来事、逸話を福家の(第10話のみ石松の)ナレーションで紹介している。

【収録内容】
第1話 「失われた灯」
第2話 「禁断の筋書」
第3話 「プロジェクトブルー」
第4話 「月の雫」
第5話 「相棒」
第6話 「愛情のシナリオ」
第7話 「オッカムの剃刀」前編
第8話 「オッカムの剃刀」後編
第9話 「或る夜の出来事」
第10話 「少女の沈黙」
最終話 「女神の微笑」

スタッフ(フジテレビ版)
原作 - 大倉崇裕(東京創元社、創元推理文庫刊)
脚本 - 正岡謙一郎、麻倉圭司、丸茂周
音楽 - 横山克
演出 - 佐藤祐市、岩田和行
脚本協力 - 麻倉圭司
脚本協力·プロット協力 - 丸茂周
演出補 - 倉木義典
CG·タイトルバック - 中村明博
タイトルバックスーパーバイザー - 岩下みどり
写真素材提供 - PPS通信社、Netherlands Institute for Sound and Vision、須磨子芸術倶楽部、宮坂勝彦
スタントコーディネート - 釼持誠
カースタント - 高橋レーシング
ガンエフェクト - ビッグショット
操演 - 羽鳥博幸
警察監修 - 杢尾尭

『福家警部補の挨拶』(ふくいえけいぶほのあいさつ)は、大倉崇裕による日本の短編推理小説集「福家警部補シリーズ」の第1作。シリーズ続刊として2009年に『福家警部補の再訪』(ふくいえけいぶほのさいほう)、2013年に『福家警部補の報告』(ふくいえけいぶほのほうこく)が刊行されており、本項ではシリーズ全体についても述べる。単行本は創元クライム·クラブレーベル、文庫本は創元推理文庫より刊行される。

女性刑事·福家警部補を主人公とする本格ミステリシリーズの第1作[1]で、形式はいわゆる倒叙モノである[2]。著者は大の「刑事コロンボシリーズ」のファンであり、シリーズの小説版の執筆(英語小説は存在せず、映像とシナリオの翻訳から直接日本語でノベライズされた)を手がけたこともある。ヒロインにはコロンボのほか、風采の冴えない探偵としては元祖であるブラウン神父に共通する描写(目をパチパチさせる、傘をうまく扱えない、大男とコンビを組むなど)も与えられている。

2007年度の本格ミステリベスト10で第8位にランクインした。

2014年1月14日から、檀れい主演で福家警部補シリーズを原作とした連続ドラマがフジテレビ系で放送された。

追加情報

出演/声の出演 檀れい, 稲垣吾郎, 柄本時生, 中本賢
販売元 フジテレビ
監督 No
制作国 日本
ディスク枚数 6
DVD発売日 No
画面サイズ 1.78:1
吹き替え/字幕 日本語

商品のタグ

Use spaces to separate tags. Use single quotes (') for phrases.

商品レビュー

顧客レビュー

平均評価:
価格
Quality
1 件のレビュー

1件のページ

件表示
素晴らしいドラマ レビュー者鉄男
Price
Value
Quality
僕の好きな女優さんは檀れいさんです。このドラマでの演技がよかった。 (投稿者 2020/06/15)

1件のページ

件表示

あなたのレビューを投稿する

レビュー中の商品: TVドラマ 福家警部補の挨拶 DVD-BOX

この商品はいかがでしたか? *

  1つ星 2つ星 3つ星 4つ星 5つ星
Price
Value
Quality