10日に放送された俳優・水谷豊(65)主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒 season16」(水曜・後9時)の第11話の平均視聴率が12・9%だったことが11日、分かった。

 水谷が警視庁特命係の杉下右京を演じる大人気シリーズの第16弾。冠城亘を演じる反町隆史(43)は「相棒」3年目となる。

 初回は15・9%でスタートし、第2話は16・6%で0・7ポイントアップ。第3話は14・2%にダウンしたが、第4話は16・4%に回復。第5話は14・6%、第6話は13・8%と推移し、第7話は今シリーズ最低の13・5%を記録。その後は第8話13・6%、第9話13・8%、今年元日放送の特番は15・4%をマーク。通常放送に戻った今回は2・5ポイントダウンし、シリーズ最低を更新した。

 

 

 

【関連記事】

『君の名は。』映画の舞台になった田舎町は本当に実在する?

ロケ地大賞候補、神奈川県内は2市 「逃げ恥」横浜、「コウノドリ」綾瀬