美味しそうなグルメで視聴者の胃袋を刺激しつつ、柴田理恵や小日向文世、西田尚美などの思わぬゲスト出演者で驚かせてくれるドラマ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)。6月9日に放送された9話では、ある人が出演したことで「『ひよっこ』みたい!」と興奮の声が上がりました。

■佐藤仁美が注文を取る姿に「ひよっこ!?」

9話の冒頭で井之頭五郎が訪れたのは昭和感漂う喫茶店「アティック」。ここで五郎はクリームソーダを注文し、味を確かめると「これこれ、このわざとらしいメロン味」「うん、昭和の甘さ。正しいクリソだ」と満足気な表情に。メロンソーダをゴクゴクと飲み、アイスクリームを頬張りしっかり堪能。さらにアイスをソーダの中に溶かし、また違った味を楽しみました。この様子には「美味そう~」「良い飲みっぷり。たまに食べたくなるんだよねクリームソーダ」「溶かして飲むのはさすが五郎ちゃんだね」といった声が。

その後、一仕事終えて腹が減った五郎は、偶然見つけたスペイン料理の店「石井」に思い切って飛び込みます。そしてここで注文を取りに現れたのが佐藤仁美演じる店の奥さん。慣れた様子でメニューを説明し、料理を運んでいたのですが、佐藤が現在放送中の朝ドラ「ひよっこ」(NHK)で洋食店のホール係を演じていることもあり、視聴者が反応。「え! 佐藤仁美さんがウェイトレスって、これはもうひよっこ回じゃないの」「ちょっと、佐藤さんが注文取りに来るなんて明らかに狙ってる」「まさかここでひよっこ風味を感じられるとは」という声が続出しました。

■クリームソーダが「溶けても美味しい」ことをしっかり体現

視聴者が佐藤にすぐに反応したのは、五郎が冒頭でクリームソーダを堪能した場面がフリとして効いていたため。実は「ひよっこ」でもクリームソーダが登場。5月8日放送の「ひよっこ」では、ヒロインのみね子(有村架純)が初めて喫茶店でクリームソーダを飲み、あまりの美味しさに感動する様子が描かれています。

さらに5月27日の放送でもみね子は喫茶店でクリームソーダを頼んだのですが、話し込んでいたためアイスクリームが溶けてしまいました。しかしそこでみね子が言ったのが「溶けても美味しいですから、クリームソーダは」というセリフ。これを覚えていた「ひよっこ」&「孤独のグルメ」ファンは、五郎が自分のクリームソーダを溶かして飲んでいたことを振り返り「五郎ちゃんは、みね子の言った“溶かしても美味しい”を実行したわけか。さすがだな」「芸が細かい」と絶賛の声が上がりました。

佐藤の登場と細かい演出で「ひよっこ」とのコラボを楽しませてくれた「孤独のグルメ」。次回のゲストは松本明子、佐藤蛾次郎、石井正則と渋い面子が発表されていますが、一体どんな役柄で登場するのか楽しみなところです。

 

 

【関連記事】

有村架純主演の朝ドラ「ひよっこ」19・4% 2回連続20%大台超えならず

さんまMC「明石家電視台」、MBS開局65周年記念でスピンオフ