DVD全品送料無料OFF~!

1件~10件 (全25件)

件表示
ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
降順

本日(12月2日)のNHK 「新シルクロード 激動の大地を行く」 のシリーズ第7集は 「祈り 響く道」 であった。これで新シルクロードシリーズは終わりになる。

本日の舞台は、中国から地中海へと続くシルクロードの 「最後の100km」、シリアとレバノンである。様々な宗教が共存する 「宗教のモザイク地帯」 において、宗教対立が原因で犠牲となった息子の両親などが悲哀を込めて取材されていた。テーマは 「祈りが生む戦火」 である。

キリスト教を守り続けてきた隠れ里マールーラ村の取材ではイスラムへの憎しみが取材され、キリスト教、スンニ派、シーア派が対立するベイルートでは、対立する宗派への憎しみが取材されていた。紛争の原因はあたかも宗教であるかの如く。 

違うと思う。紛争の原因は宗教ではなく、宗教を大義名分として他国へ侵略した大国(為政者)の思惑によるものである。相手を異教徒と決めつけ、自分たちの神のみが唯一正しいと信じ込ませれば、国民は納得し、兵士は敵を殺しやすくなる。 

取材されたレバノンの首都ベイルートは、かつては 「中東のパリ」 と言われ美しく平和な時代があった。その頃は 「宗教のモザイク地帯」 であっても人々は隣人を信じ平和に暮らしていた。宗教の違いは紛争の原因とはならなかった。現在でも宗教のモザイク地帯で平和な地域は世界に数多く存在する。 

レバノン国内のヒズボラとスンニ派の対立は、アメリカに後押しされたイスラエルがパレスチナを攻撃し、それに対してイスラム圏の大国がそれぞれの宗派の後押しを行い、それらが複雑に絡んで紛争を生み出しているのだと思う。

同様に、過去放映された 「新シルクロードシリーズ」 の 「祖国を追われた民族の悲劇」 は宗教対立によるものではなく、大国が「国益」の大義名分のもとで領土拡張、資源確保を行ってきたことの結果である。

このような意味で、「紛争の原因は宗教対立」 との雰囲気で番組が構成されたことに違和感を持つ。 

番組の最後で、息子を戦乱で亡くした父親が、地域の子供に語った言葉  「私は内戦の時たくさんの人を殺した。その時は自分の神が全てだと信じていた。みんなが宗教の争いに巻き込まれたとき、今横にいる友達の顔を思い出して欲しい。互いに一人の人間として接すれば、宗教を理由に殺し合うことはないはずだ。」  が印象的であった。 

何回も指摘したが、「新シルクロードシリーズ」 で取材された地域の紛争はすべて現在現実に続いている紛争であり、遠い過去の話ではない。世界が真剣に考えないとならない問題である。日本のシルクロードのブームに便乗して、遠い昔の歴史のロマンと重ね合わせるのは合点が行かない。それとも視聴率を稼ぐ手法なのであろうか。また、現実の悲惨な場面に、哀愁に富んだヨーヨー・マの音楽を重ねるのも不自然と思う。 

蛇足だが、私は最近アフリカ地中海沿岸の国「リビア」のローマ帝国時代の遺跡群を訪れた。現在「リビア」は平和な国だが、古代のフェニキアに始まり、ギリシャ、ローマ帝国、バンダル、ビザンチン、アラブ諸王朝、オスマントルコ、イタリアなど次々に支配国が変わり、その都度悲惨な戦争があり、宗教も文化も入れ変わった。これら時代の変わり目の戦いは、その当時の大国の 「領土拡張欲」 と 「資源獲得欲」 が原因である。宗教対立が紛争の原因と説明することも可能であるが、それは視野が狭い。 

この度、リビアの歴史を勉強し、その古代遺跡を実際に観光した経験から上述の本日の番組の感想が生まれた。

Posted in blog By king woo

今年1月からオンエアがスタートし、7/2に発売となるアニメ「ワンピース」の主題歌SG「Wake up!」の
ワンピース盤・ジャケ写が5/26発売の週刊少年ジャンプにて解禁されました!

主題歌「Wake up!」を歌うのはアニメ「ワンピース」の“15周年PR大使”に就任中のAAA。
初回生産限定盤であるEPサイズジャケットのCDは、アニメの名シーンでコラージュされたルフィのジャケットとなっております!

また、通常盤は15絵柄のワンピース・アザージャケットが8枚セット封入された仕様となっており、
初回・通常盤ともに15周年を記念したワンピース豪華仕様となっています。

5/17から初のアリーナツアー AAA TOUR 2014 -Gold Symphony- もスタートしたAAA。
「ワンピース」とともにAAAの活躍にもご注目ください!

Posted in blog By jp service

 女優の米倉涼子が主演するテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)の最終回・第11話が18日、90分拡大スペシャルで放送され、番組平均視聴率27.4%を記録し、今シーズン最高を更新したことが19日、わかった。全11話の期間平均は22.9%となり、番組としてはNHK連続テレビ小説『花子とアン』の期間平均22.6%(26週、全156回)を抜いて、今年1番の高視聴率ドラマに踊り出た。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

 初回(10月9日)=21.3%、第2話(10月16日)=20.9%、第3話(10月23日)=20.8%、第4話(10月30日)=23.7%、第5話(11月6日)=22.2%、第6話(11月13日)=23.6%、第7話(11月20日)=22.8%、第8話=21.8%(11月27日)、第9話=21.6%(12月4日)、第10話=24.8%(12月11日)。

 最終回の最高視聴率は、失脚した天堂(北大路欣也)が病院スタッフに見送られながら去り、未知子(米倉)は師匠・神原晶(岸部一徳)の手術中というクライマックスで31.3%(後10:19)まで上昇した。

 同ドラマは、米倉扮するフリーランスの外科医・大門未知子(米倉)が、己の腕一本で患者のための医療に妥協を許さず突き進む姿を描いた物語。最終回は、富士川(古田新太)が辞表を書かされるところから始まり、かつての敵である蛭間重勝(西田敏行)が未知子に手術してもらいたいと駄々をこね、天堂を失脚させる政治家が現れ、未知子と晶が出会った頃の回想シーンを織り交ぜながらの大手術…女性政治家のイラストが印刷された柄のないうちわをあおいぐシーンで今年らしさも盛り込み、最後は宇宙旅行に行ってしまう『ドクターX』らしい有終の美を飾った。

Posted in blog By jp service

弊社の創立九周年のため

2016年9月27日火曜日 18時40分51秒 Asia/Tokyo

弊社の創立九周年のため
その以下の行事を行う
1行事を行うの間 郵便料金は無料て
2全部の商品は5パーセント引き
3期間限定 二件以上の商品は1.2パーセント
4期間限定 二件以上の商品は2パーセント
限定時間は:9.26~10.26(一か月)
時間のきりあり お早くしてください
誠に期待しております
皆様の応援を感謝しております

Posted in blog By nyy seo

『ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜』と私の七年

2016年10月26日水曜日 11時34分00秒 Asia/Tokyo

『ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜』と私の七年

Read More
Posted in blog By nyy seo
「ONE PIECE FILM GOLD」が中国で大ヒット!公開3日間で11億円スタート

2016年は8本の日本映画が公開されている

 [映画.com ニュース] 尾田栄一郎氏の人気漫画「ONE PIECE」 の劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」が、11月11日から中国全土で公開中だ。日本では7月23日に封切られ、興行収入52億円を記録した同作。中国でも人気は高く、初日3日間で6963万元(約11億1400万円)の大ヒットスタートを切った(1元=16円で計算)。

 今作は、興行収入68.7億円を記録した前作「ONE PIECE FILM Z」に続いて尾田氏が総合プロデューサーを担当。黄金のエンタテインメントシティ「グラン・テゾーロ」を舞台に、ルフィ率いる麦わらの一味と、世界政府すらも金の力で動かす国王ギルド・テゾーロが繰り広げる死闘を描いた。

 2016年の中国では、これまで「BORUTO NARUTO THE MOVIE」「寄生獣」「映画 ビリギャル」「ドラゴンボールZ 復活の『F』」など、8本の日本映画が公開されている。15年には「STAND BY ME ドラえもん」が封切られ、興収5億3029万元(約84億8500万円)という記録を打ち立てている。

Posted in blog By nyy seo

ブラックフライデー

2016年11月24日木曜日 16時29分35秒 Asia/Tokyo

ブラックフライデー

アメリカ最大最強のセール!ブラックフライデーが日本でも?!
米国にブラックフライデーの嵐がやってくる
今年のブラックフライデーは史上最大のとんてもない激安!
今だけお得なセールやキャンペーン
買い物をもっと楽しく!
人気商品が一気に登場!
絶対にお得な”ブラックフライデー”をお楽しみください!
買い物をしない理由がない日 最安でいいものを買えます~!

Posted in blog By nyy seo

 
香里奈が5年ぶりフジ連ドラ主演で“嫌われる女”に!NEWS加藤は刑事役初挑戦

'17年1月スタートのフジテレビ系木曜夜10時枠の連続ドラマ「嫌われる勇気」で、香里奈が主演を務めることが決定した。香里奈が同局の連続ドラマで主演を務めるのは「私が恋愛できない理由」('11年10月期)以来、約5年ぶりとなる。

同作は、'13年の発売以来、各界で話題を呼び、ベストセラーとなっている「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)を原案とした刑事ドラマ。

原案「嫌われる勇気」は、世界的にはフロイト、ユングと並ぶ「心理学界の三大巨匠」とされながら、日本では無名に近い存在だったアルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を、悩みを抱える青年と、哲学者との対話形式で解説している。

そんな人気書籍を刑事ドラマとして大胆にアレンジし、一話完結型の爽快感あふれる刑事ミステリードラマとして実写化。

香里奈は同作の中で、自己中心的に見える振る舞いで周囲になじまず、常に組織の論理と反目する孤高の女性刑事・庵堂蘭子を演じる。

蘭子は独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。32歳にして、難事件を次々と解決に導いてきた実績を持つ桜田門のエースだ。組織になじまない一匹おおかみタイプで、周囲の意見には耳を貸さず、常に自分が信じる道を行く。

他人からの評価や評判を一切気にせず、自己中心的だと言われても全くひるまない「アドラー心理学」を地で行く、いわば“アドラー女子”。しかし、男性社会である警察組織では彼女をよく思わない人間も多く、そんな“嫌われる女”蘭子を、香里奈がどう演じるのかにも注目が集まる。

また、憧れの捜査一課に異動してきたはいいものの、蘭子とコンビを組むことになった青山年雄役にはNEWSの加藤シゲアキが決定。青山は正義感が強く、子供の頃から刑事に強烈な憧れを持っていた。人に対して常に明るく接するが、実は優柔不断で心配性という、蘭子とは真逆のタイプ。

念願かなって捜査一課に異動となり、蘭子とバディを組むことになるが、自分勝手な動きが多く、何も説明してくれない蘭子に振り回され、彼女のことが心底嫌いになる。

そして「犯罪心理学」を専門とし、帝都大学文学部心理学科の教授である大文字哲人役には椎名桔平が決定。

大文字は蘭子が大学2年生の時、「アドラー心理学」の本を夢中になって読む彼女を見て興味を持ち、自分のゼミに誘った。蘭子のことを理解できない青山に、「アドラー心理学」の存在を教える“全てを知る男”を演じる。

原案・台本を読んで、初めて「アドラー心理学」を知ったという香里奈は「心理学というと難しい印象ですが、読んでいくにつれ“本来、自分がこうだったらいいな、楽になるのにな”という理想的な考え方が述べられていたり、“あぁ、こういう考え方もあるのか”と新しい発見があったりして、少し気が楽になれました」と感想を語った。

また、共演の加藤は自身初となる刑事役に「やってみたい役だったので、とてもうれしいです。実際に刑事になったつもりで、役に臨みたいと思います」と意気込んだ。

椎名は香里奈、加藤との共演について「香里奈さんとは10年ほど前に、映画の撮影で少しだけご一緒して以来だと思いますが、今回の物語には、彼女と私の特別な秘密が隠されているようなので、その共犯的な関係性を楽しんでいきたいと思っています。

加藤さんとは、原作にある青年と哲人の対話のように、面白い掛け合いができればいいなと思っています」とコメントした。

Posted in blog By nyy seo
 
高橋みなみが未来を託した世代ーーAKB48 大和田南那卒業から、15期生の軌跡を振り返る

 AKB48の大和田南那が、グループからの卒業を発表した。

 彼女は、11月29日開催の東京・AKB48劇場公演にて自身の口から卒業を告げた。大和田は2013年1月に第15期研究生オーディションに合格。シングル『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』収録曲「Party is over」でセンターに抜擢され、2014年2月に正規メンバーへと昇格した。2015年5月からは派生ユニット・でんでんむChu!としても活動しており、ユニットに所属している向井地美音、谷口めぐも大和田と同じ15期生のメンバーである。

 15期生は数字の1と5をとって“いちごちゃんず”の愛称で呼ばれ、SNS「755」にはトークグループも作成されているほどの仲だ。15期生にとって初の合格者8名が加入した2013年は、島崎遥香が『永遠プレッシャー』で初のセンターを務め、後の8月に『恋するフォーチュンクッキー』をリリースした年。2012年に前田敦子が卒業し、すでにAKB48が頂点に上り詰めた後に加入した世代であり、彼女たちは“栄光しか知らない世代”とも揶揄されていた。

 そんな15期生にとって大きな転機となったのが、2016年2月18日にAKB48劇場にて開催した『いちごちゃんず』公演。卒業を目前に控えた高橋みなみが全8回にわたりプロデュースした公演の一つだ。高橋みなみの指導のもと、当日のセットリストや衣装のデザインは15期生が自分たちで考案し、一つのものを作り上げることにチャレンジした。15期生の込山榛香をフィーチャーした特別番組『AKB48裏ストーリー 込山榛香18歳、新たな希望 高橋みなみが託したAKBの未来とは?90分超完全版』(TBSチャンネル)では、ライブ当日までのドキュメントが描かれているが、互いに意見をぶつけあうことで何でも言い合える仲、“本当の15期”がスタートしたという。番組タイトルにもあるが、高橋みなみが卒業を前にバトンを受け渡した世代と言える。

 その後、向井地が44thシングル『翼はいらない』でセンターに抜擢されたのを皮切りに、込山も46thシングル『ハイテンション』で選抜メンバーに初選出。福岡聖菜は46thシングル『ハイテンション』収録曲の「抑えきれない衝動」のセンターに。福岡と込山の2人は揃って、でんでんむChu!の後続ユニット・虫かごにも選ばれている。今年の『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』においては、昨年圏外であった込山が第21位に躍進し、向井地が第13位に。AKB48単体として見ると、第2位の渡辺麻友を筆頭に、第11位の横山由依に次ぐ位置に向井地が続く。名実共に“AKBの未来”を担う存在へと円熟した印象だ。

 第15期生オーディションから約4年。12月8日の『AKB48劇場11周年特別記念公演』では第16期研究生が初お披露目することがアナウンスされている。当日は、AKB48のチームA、チームK、チームB、チーム4、チーム8から総勢90名を超えるメンバーが集結。渡辺麻友を始め、卒業目前の島崎遥香、歴代メンバー同様、現在プロデュース公演を行っている小嶋陽菜など、錚々たる先輩たちが見守る中で16期生メンバーはステージに立つこととなる。世代交代が加速する中、16期生に未来を担う逸材は現れるのか。

Posted in blog By nyy seo

 

岡田准一鈴木亮平は映画『海賊とよばれた男』(12月10日公開)で共演している。その2人がバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演、冒頭で「僕たち“仲良し”」とアピールした。番組では岡田と嵐・櫻井翔による“初めてのサシ飲み”や鈴木が好きなインドカレーの企画があり、お互いを知ることで終盤にはさらに距離が近づく。

12月8日放送の『THE夜会』で顔を合わせた岡田准一と櫻井翔。2002年に放送された連続ドラマ『木更津キャッツアイ』で岡田(当時21)が主人公・ぶっさん(田渕公平)、櫻井(当時20)がバンビ(中込フトシ)役で共演している。ドラマが終わった後もお互いに役名で「バンビ」「ぶっさん」と呼び合っており「戦友のようなもの」というが、意外にもお互いの家に行ったり2人だけで食事をしたこともないことが分かる。

岡田准一によると嵐の二宮和也は「家に行きたい」と自宅に来たことがあり、鈴木亮平とも松坂桃李を入れて3人だけで食事したそうだ。櫻井翔は「戦友」の岡田とプライベートでのつきあいがほとんどないことに気づいて呆然となるが、辛うじて龍宮城スパ・ホテル三日月で岡田と一緒に「金の風呂」へ入ったことを思い出す。

そんな2人が“初めてのサシ飲み”企画で渋谷の街に繰り出しビールジョッキを交わす。そこでも岡田は「一番仲が良いのは生田斗真、山下智久」「二宮和也大野智はたまに連絡してくる」とジャニーズの交友関係を話し、松本潤からは映画『東京タワー Tokyo Tower』(2005年)で共演した頃に「悩みを相談したい」と連絡があったことを明かした。

当時、岡田は24歳で松本が21歳だった。岡田が「ちょっと自信なかったから断ったけど」と振り返れば、櫻井は松本の性格を知るだけに「わかるっ、彼の真っ直ぐさを受け止めきれないから」と共感する。松本潤の話題で盛り上がったところで場所を個室に移すこととなり、2人だけで本当の“サシ飲み”が始まる。

地元大阪の中学でラグビー部だった岡田准一はジャニーズに入って上京すると、わずか3か月後に14歳でV6としてデビューする。彼は当時、森田剛のように“天才肌”のメンバーを見て「若い頃から“俺は普通”だと悟り、アイドルとして劣等感しかなかった」と明かす。自分はアイドルだと思うことが難しく、反抗期も重なって「メンバーと口きかなかったこともあるが、メンバーはそれを許してくれた」という。

自分はどうすれば良いのか悩んでいた岡田は、ある先輩とのふとした会話のなかで「俺はバラエティの司会に命懸けてるから」と言われたことから「自分で命懸けるものって何かな?」と真剣に考え芝居の道を目指すようになった。(岡田の過去の発言からその先輩はSMAP中居正広と思われる。)

櫻井翔もまた『木更津キャッツアイ』を終えて悩んでいた。20歳くらいだった彼は「25歳の時には嵐はたぶんなくなっているだろう。この世界で生き残るにはどうしたらよいか」と考え、「報道でインタビューしたりできないか」と事務所に相談したのがキャスターになるきっかけだ。

プライベートではじっくり話したことのない「戦友」が今回の“サシ飲み”で本音を語りあう姿に、岡田准一の「俺たちは魂でつながってるんだよ」という言葉が思い出された。

“サシ飲み”のVTRを見て感動した鈴木亮平は内容のギャップを気にしながら「生田斗真に勧められてからインドカレーにハマっている」とカレー店を巡る企画に臨んだ。生田とは映画『予告犯』(2015年6月)で共演している。

インドカレー以外にも「高校生ぐらいからゲッツが大好き」とダンディ坂野のネタ“ゲッツ”に今もハマっているという鈴木。番組中に機会を見ては「ゲッツ」を連発しており、ついには岡田も櫻井に耳打ちされて「ゲッツ」を披露するハメになる。映画の宣伝では「僕と“ゲッツ鈴木”くんが出演している…」と紹介した。2人とも生田斗真が友人ということもありかなり“仲良し”になったようだ。

鈴木亮平と言えば、作品によって過酷な減量や逆に太ったりと徹底した役作りで知られる。その彼が映画『海賊とよばれた男』で「老けてからの芝居がすごく説得力がある。あの年をとった役が30代でできる俳優は岡田さんしかいない」という役作りは見どころである。

Posted in blog By nyy seo

1件~10件 (全25件)

件表示
ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
降順